フリーローンとは、どのようなローンのことなのでしょうか?
ローンというともちろん「お金を借りること」なんですが、ローンにもいろいろな種類があります。
銀行に行くと住宅ローン、自動車ローンとは別にフリーローンと書かれたチラシをよく見かけます。
住宅ローン、自動車ローンは、「家を買う」「車を買う」などのお金をどのように利用するかの融資の目的が決まっていてそれ以外の利用はできなく、契約者に直接に融資されずに、住宅メーカーや自動車販売店に融資先から金額が支払われるいう、使う用途に制限があるローンになります。
それらのローンと違い、フリーローンは使用目的に制限がなくお金を借りた後に自由にどのようなことにも使うことができ、契約者に現金が直接お金が融資されるキャッシングローンのことをいいます。
自由に利用することができるため、結婚資金、旅行、生活費などにも使用することができます。
しかし、用途が決まっているローンは制限があり、契約の手続きにも簡単ではないため、金利が低く設定されている場合が多いですが自由な目的で使用できるフリーローンは、制限がないこともありそれらのローンよりも金利が高く設定されています。
フリーローンと同じようにカードローンも使用目的に制限がありませんが、決定的な違いがあります。
フリーローンは定めた融資金額が一度に振り込まれ、毎月定められた金額を返済していきます。
カードローンは融資設定金額が決まっていて、その範囲以内なら、返済しながら何度でも借りる事ができるため、より使用しやすくなっていますが、カードローンよりフリーローンの方が金利が低く設定されています。
その時だけの借り入れであれば、カードローンよりフリーローンを選択したほうが金利を低く設定できるので返済しやすいでしょう。
またフリーローンは、パソコンや携帯、スマホから簡単に申し込みをすることもできて、銀行に来店しなくても契約をすることができる手軽さも魅力の一つになっています。
2010年からの「総量規制」の法律改正もあり規制が厳しくなったために悪徳業者が少なくなっているので誰にでも借りやすくはなりました。
「総量規制」で制限がありますが、自由にどんな目的でも利用することができるため「借り過ぎ」になってしまう方も多くみられます。
簡単に契約しやすくなってきましたが、必要のないローンは無理にせずに無駄なく計画的な借り入れをしなければいけないローンでもあります。

2010年6月18日まで、ローンは、借りる金額に制限はされていませんでした。
「総量規制」という法律ができ、貸金業者に、自社からの借り入れ残高が50万円以上や他社も含む個人の総借入残高が100万円以上となる貸付の場合には、源泉徴収票などの年収がわかる所得証明書の提出が義務つけられて、総借入残高が年収の3分の1を超える貸付を原則的に禁止するということになりました。
そのため、クレジットカードなどにはキャッシングがすぐにできるご利用限度額がカードを新規に作った時に始めから設定されていたりしましたが、所得証明書の年収金額を提出して利用限度額を増額申請しないと利用することができなくなりました。
しかし、そのように制度の対象になるのは、消費者金融会社、事業者金融会社、クレジットカード会社などと定められていて、銀行からのローンは「総量規制外」とされていて、年収の3分の1を超えていても限度額に関係がなく利用することができます。
また銀行ということで消費者金融会社などから借りるよりも安心が得られます。
CMでもよく宣伝していますが、銀行の取引や口座がなくても利用でき、パソコンなどのインターネットからの申し込みが可能です。
しかも、即日にカードを発行することもでき、すぐにローンをすることもできます。
カードローンは利用限度額内であれば、返済しながら、何度でも借りる事が可能なので、もしものときにも安心して利用することができます。
主な銀行カードローンを紹介します。
東京三菱UFJ銀行は、比較的簡単にカードローンを作ることができます。
インターネットからの申込みであれば、最短30分で審査の回答を得る事ができます。
支店内にあるテレビ窓口で免許証などを提出すればその場でカーをを発行してもらえます。
銀行の口座を持っていなくても作ることができるので、銀行が開いている時間に行かなければいけないということもありません。
オリックス銀行、楽天銀行などのネット銀行もカードローンが充実しています。
来店も不要で、必要な書類は郵送での提出で審査を進めることができます。
総量規制前は消費者金融会社だったレイクは、総量規制対象外になる新生銀行となり銀行カードローンとなっています。
ご契約するときに、「5万円まで180日間無利息」と「30日間無利息」といった特典もついていたりします。
返済しやすい銀行や利用しやすい銀行を見極めて銀行カードローンを利用しましょう。
何件かの借入先からローンを組んでいるとそれぞれ毎月返済を行っていかなければいけません。
例えば、3社から100万円ずつ金利20パーセントの金利で借りていることとします。(5年間の返済で元利均等返済で計算してみました。)
すると月々1社26.494円の返済金額になり、3社では合計79,482円にも膨らみます。
1社に金額をまとめて金利も低くなり金利15パーセントとなるとすると、1か月71,370円の返済金額となることができ、3社で借りていたときよりも8,112円も安い金額での毎月返済になることができます。おまとめローンでは、数社から借りたローン金額を一括して1社から借り入れをして他社のローンをすべて返済をして、毎月の返済金額を減らして負担を毎月減らすことを目的としたローンです。
1社からの借り入れとなると総借入金額も増えますが、総借入金額が高くなった分、金利が低くなります。
また、おまとめローンの商品として、金利をもっと下げるといった特典を出している銀行も多いです。
毎月のローン返済金額をますます減らすことができるのです。
例にあげたように、8,000円も毎月減らすことができれば、1年間では96,000円にもなります。
その分を繰り上げ返済することもできます。
繰り上げ返済では、利息をなしに返済することができるのでより早いローン返済をすることができます。
また数社のローン先があると、返済日もまちまちになってしまうので毎回、返済の事ばかりを常に考えていてストレスになってしまうことにもなりかねません。
1社だけの借り入れになるので、返済日も毎月1日だけになり返済を忘れてしまうといったうっかりとしたこともなくなります。
おまとめローンはそういう負担をも少なくして全てのローンを返すことが最大の目的です。
一番注意をしなければいけないのは、毎月の返済金額が少なくなった分、余裕ができるのはいいことでありますが、その分を他の事に使いすぎてまた他社から借りなければいけなくなってしまったといった事になることです。
一本化になるから、どのおまとめローンを選んでも楽になるとは思わずに、いろいろな銀行などのおまとめローンの商品を確認してしっかりと金利や返済方法、返済金額、返済期間を確認することにしましょう。
さらにそれらももちろんですが、返済総額も頭にいれてとにかくすべてのローンを返すことを考えておまとめローンを選びましょう。

会社や個人事業者では、個人以上に人件費などの経費の支払いや、新しい事業のための運転資金といった会社を運営していくためにお金を借りなければいけない状態が多くなってくると思います。
売上はあるけれど、売上先からの支払いがなくて、逆に仕入れの支払いをすることができない、そのためさらなる仕入れができなくて売上を増やすことができないといった悪循環を生んでしまい困ってしまうこともあります。
よくテレビドラマを見ていると、「お金を貸してください」と事業者が銀行員に頭を下げているシーンがあったりします。
試算表や決算書などを提出して、お金を借りることでより良い事業の発展を銀行員に認めさせることができなければなかなか銀行は頭を縦に振ってくれないでしょう。
それでも会社経営、個人事業の経営していく上には、銀行との信頼関係をしっかりと保つことが必要にはなります。資金繰りに困った時には、まずは低金利である銀行融資を一番に考える事が大切です。
しかし、どうしても急ぎの資金が必要となる場合があります。
金曜日に支払いがあるけれど、入金は月曜日といった場合もあるでしょう。
もしもの時ですが、そんな時のためにノンバンク系のビジネスローンがあります。
これらのローンは審査が30分で完了するところもあり、さらには来店不要で契約をもすることができます。主なビジネスローンを、紹介します。
「ビジネクスト」無担保で繰り返し借り入れをすることができるローンです。
「セゾンファンデックス」は個人事業者向けのローンになっています。カードローンとなっているので、ご利用限度額内なら何度でも利用することができ、事業の資金だけでなく個人の利用の場合でも利用することができます。
そのため個人事業者となっていても個人の借入であり、「総量規制」に引っかかるのではないかと疑問に感じます。
事業者向けローンは「総量規制例外商品」となっていて、年収の3分の1以上のお借入になってしまっていても「事業内容を確認できる書類」と「事業計画書」の提出があればビジネスローンを利用することができます。
ビジネスローンは銀行からの借り入れと違って、審査に甘く簡単に借りる事ができます。
なるべくなら事業を経営するうえで、なるべく金利の高くなるノンバンク系のビジネスローンを安易に選ぶことをせずに融資先として銀行を最優先する方法を選択して無理のない会社経営をするよるように心がけましょう。

担保とは、債務をするときの補償になるもののことをいいます。
家や車を担保としてお金を借りるという事ができるのです。
自動車ローンでわかりやすいのが、ローンで車を購入した際の車検証を見てみると所有者はローン会社や自動車販売店になっていて使用者が自動車の購入者(つまり自分)にになっています。
それは自動車ローンを払えなくなった時に、車を担保としているため、車をローン会社に渡さなければいけないということにもなります。
ローン支払いが完済したうえで名義変更をすることにより、やっと自動車の所有者が自分のものになります。
もちろんそのままでも使用可能ですが、廃車手続きなどを行う上で名義が他人のものだと、余分な手続きが必要になってきます。自動車を一括購入すれば初めから所有者は自分になっているので、ローンとの差がでます。住宅ローンにお
いても同じです。住宅ローンの補償として家が担保となります。
担保があるということで住宅ローンの金利はそんなに高くなっていないのです。
さらに新車や新築を購入した際だけ担保ローンが確立するものではありません。
「担保ローン」は、担保として家を抵当にいれることにより新たにローンを組むことができます。
家の価値によって借り入れできる金額が決まりますが、もし返すことが出来なくなった場合でも融資側が担保を持っているため、必ず返済するという確約になることができ信用も生まれます。
カードローンやクレジットカードのキャッシングは無担保でのローンです。
今は無担保ローンが当たり前になってきましたが、何もない無担保の状態よりも担保ローンは、確実にお金を返済する補償があるため、融資側も損をすることはないため、借りられる金額も多くさらに低金利でお金を借りる事ができます。
個人ではそんなに多くの金額を必要にしませんが、会社や事業者には、高い金額が必要になることが多いでしょう。
その時に会社の不動産を担保にすることが多いですが、より大きい金額が借りられるため、払えなくなり不動産を手放さなければいけない状態になってしまうこともでてきてしまいます。
信用度も上がるために簡単にお金を借りることができる担保ローンですが、一歩間違えれば不動産を銀行に渡してしまう怖いーローンでもあります。ローンする際には、必ず返す見込みをしっかりと考えて担保を付けるか無担保にするか、借り入れ金額をどうするかを決める事が大事になります。

自動車を購入する際に、販売店で支払方法を求められたときに、ローンを組んだりするというふうに今までは思っていました。
有無も言わさず、頭金以外の資金をローン返済にする場合は、その販売店の指定された会社でのローンを組んでいました。でも銀行やJA農協に行ったりすると必ず見かけるのが、「学資ローン」や「住宅ローン」と並んで「自動車ローン」というチラシです。
「マイカーローン」と書かれている銀行も多いです。
インターネットを見ていると、様々な会社がローンを組んでいて、低金利のところが多いです。
販売店のローンだけを考えずに自分でローンを探すこともこれから主流になってくるでしょう。
とはいっても、販売店でローンを組めば申込書だけに記入するだけで細かい書類はお任せできるといった利点もありますが、自分で銀行に申し込む場合でも注文書を提出したりするだけでローンを組むことができます。
また新車購入を決める前に、ローン先を選択し、審査だけでも通しておくことも可能なので、車を決め、注文書を頂いてからローン先で審査が通るかどうかドキドキしなければいけないということもありません。
さらに銀行でマイカーローンは自動車購入資金だけでなく、車検費用、車庫購入費用などもローンにすることができます。
同じ車を購入するにしても少しでも金利の低いもので余裕のある暮らしを手に入れる事が大事です。
自動車ローンと同じく住宅ローンも様々です。
こちらも住宅購入先のメーカーや工務店は必ず提携している銀行を持っています。
提携先であると、自動車購入よりもさらに提出しなければいけない書類が多い住宅ローンでも銀行がメーカーもいる場所まで出向いてくれたり、メーカーの営業の方が銀行に提出してくれたりと初めての事で不安の事も解決することができます。
しかし、住宅ローンも一定期間金利が安い商品だったり、繰り上げ手数料が無料だったり、10万円以上から繰上げ返済が可能だったりと銀行によって特徴が違います。
ほとんどの銀行が給料振込先の指定を住宅ローンの条件として持ってくることが多いので、働いている会社がその銀行の振込可能かどうかということも条件の一つになってきます。
自動車ローンと違い金額が高額になってくるので、安定した銀行などを選ぶことはもちろんですが、少しでも金利を低くして支払ができる方法を考える。
また借り換えなどをしながらその時その時に合わせて、支払方法を変えていくことも可能なローンになっています。
どうしても借りてなんとか今を乗り切りたいと思っている人も多いかもしれません。

しかし、ローンをするためにいざ電話をしてみても男の人が電話に出るかもしれない!?
もし店舗に行かなければ行けなかったりしたときに、男の人ばかりのお店に行くこともできない!?
って悩んでしまいどうしようと思って借りることを断念している人もきっと多いと思います。

そんなときに女性のためにできたローンのがレディースローンです。

女性専用のキャッシングサービスで対応するスタッフも女性、
金利も女性の立場も考えられてつけられていて、審査も女性のことを考えての審査内容になっています。

消費者金融会社で申込みをしたときに、一定の収入がないと借りる事ができません。
しかし、そこはレディースローン、女性のために考えられていますから、
主婦、パート、アルバイトの方でも借りる事の出来るようになっています。

主婦は収入がないのに、なぜ借りる事ができるのかというと、
専業主婦でも無職として扱っていないからです。
それは、審査対象が旦那として考えてもらえるからです。
さらに本人がパートなどの収入がある場合は、旦那の収入にプラスをしてもらえます。

また、レディースローンは、小口の融資のみを取り扱っています。
大口の融資をもとめられるなら普通のローンにした方が好いでしょう。
とはいえもともと女性のローンですから、
正社員として男性の方とは替わらずに働いている方は別ですが、
子育てをしていてバリバリ二働けない女性の収入を考えたとしても
そんなに高い金額の融資は難しいし考えない方がいいでしょう。

レディースローンは女性専用のみを扱っている消費者金融だけではありません。
プロミスやアコム、レイク、モビットといった大手の消費者金融なども女性専用の窓口が作られています。

女性専用の窓口は通常の窓口と申込み電話番号もすべて違っているので始めから女性用に対応してもらえて、
消費者金融会社として信頼できる大手会社がつくる女性専用のレディースローンですから、
安心をすることができます。

さらにレディースローンは、離婚をしていて生活費や養育費をもらえているひとでも利用可能になっています。

すべてにおいて女性のためのローンになっています。

ローンを申し込む際には、必ずローン審査があります。
借入の広告にも「場合によっては、ご希望に添えない場合もございます。ご了承ください。」とかかれてあります。
消費者金融会社もどんどんお金を貸して金利をいただくことで利益は上がりますが、貸したお金が返ってこなければ、金利を貰う場合ではありません。
貸していたお金さえも返ってくることがないのです。
「信用」がローンを申し込む際には、とても重要なことです。
消費者金融会社の審査基準には3つの基準条件があります。

「①総量規制の範囲内であるかということ。」
法律で定められているので、この条件は第一条件になります。
2010年に施行された法律では、収入の3分の1の以内が借り入れができません。
消費者金融会社は、この総量規制の対象ですから、この法律を犯してしまうと営業も出来なくなってしまいます。
正確な情報で勤務先を提出し、所得証明書を提出して条件をクリアしましょう。

「②過去三か月以内に審査におちていないかどうか?」
銀行やクレジット会社、消費者金融会社は情報を共有しています。
近いときに何度も審査を申し込んでいて、さらに落ちていると審査をする時点で「この人は、審査に落ちている」と思われ、新しい審査も通りにくくなる可能性があります。
やたらめったらいろいろな消費者金融会社に申し込みをしてはいけません。
数打てばどこかの会社が拾ってくれるわけではないのです。

「③過去三か月以内にクレジットカードの支払が遅れている」
消費者金融会社、銀行、クレジットカード会社は情報を共有していますから、クレジットカードの支払履歴も履歴として残っています。
このことは審査が大きく作用します。
これらの第一条件をしっかりとクリアしていなければ、審査に通ることはありません。
特にお金をかりるということは信頼関係がとても大切です。
収入がかなりあったとしても誠実にお金を返すことをしない場合は、消費者金融からの信用はうけられません。
逆にアルバイトでも誠実に対応すれば、お金をかしてくれることがあるのです。
ローンだけでなく、商品と商品でもなにを取引するにしても誠実に対応すること、これが大切なことなのです。
審査が通る際にもなにより大切なことは、毎月の返済をしっかり守って計画をたててお金をかりることを必ず大切です。
このことを心掛けましょう。
「また絶対審査に通る」というキャッチコピーは信用しない方がいいでしょう。

[消費者金融とカードのキャッシングはどっちがいい?]
消費者金融会社でお金を借りる時、クレジットカードと同じようにカードを作り、その範囲内でキャッシングがをすることができます。
クレジットカードもご利用範囲内に定められた金額の分だけキャッシングをすることが可能になっています。その二つは基本的には同じように見えます。
ATMからカードでお金をかりて下すことができるのです。
しかしカードの利用機能がちがっています。
消費者金融会社は、お金をかりることだけに限定されたカードになっているのです。
以前は、特に消費者金融会社の名前を聞くだけで引いてしまっていました。
最近は、大手銀行とも傘下に入って営業もしているので特に「うわ、消費者金融!」という気持ちにならなくなりました。
それだけ安心も信頼もできる消費者金融に生まれ変わったのです。
そのため消費者金融会社のカードをつくってもクレジットカード会社となんら変わりはありません。
しかし消費者金融会社のカードは、キャッシング専用になっていますから、個人の収入も違いますが、金額も少し高めに設定をすることが可能です。
カードからお金だけを借りる事ができるのです。
それとは違いクレジットカードは信販会社、クレジット会社になります。
主にクレジットを重視したカードになっていて、おかいものをツケで支払うことの機能とお金を借りるキャッシング機能も加わった総合的なカードとなっています。
もっと機能を考えると、カード自体が旅行保険補償がついていたり、マイルがたまったり、年会費も無料になったりします。
しかし、クレジットを重視にしたカードになっていますから、キャッシングは少額金額になっています。
二つのカードの機能が全く違う事は、クレジットカードは様々な機能が付いたカードですから、クレジットカードがお財布に入っていても不思議に思う事はありません。
たとえそのカードでキャッシングをしていたとしてもその場でキャッシングをしていることをみてたり、カード明細表をみたりした以外には人にばれる事はありません。
しかし、消費者金融会社のカードはそのカードを見ただけで借金をしているということがわかってしまいます。
キャッシング専用のカードであって、他の機能はありませんから大手の消費者金融会社の名前がしっかりと刻まれていてばれてしまうのです。
そのため、クレジットカードのキャッシングの方が使用しやすく、家族にも友達にもばれる事はないでしょう。
しかし、クレジットカードは信頼が大切です。
クレジットカードは個人の信頼度をあらわすものです。
使いすぎ、借りすぎによって信用をなくすことはしないようにしましょう。
消費者金融会社でお金を借りる時、クレジットカードと同じようにカードを作り、その範囲内でキャッシングがをすることができます。
クレジットカードもご利用範囲内に定められた金額の分だけキャッシングをすることが可能になっています。その二つは基本的には同じように見えます。
ATMからカードでお金をかりて下すことができるのです。
しかしカードの利用機能がちがっています。
消費者金融会社は、お金をかりることだけに限定されたカードになっているのです。
以前は、特に消費者金融会社の名前を聞くだけで引いてしまっていました。
最近は、大手銀行とも傘下に入って営業もしているので特に「うわ、消費者金融!」という気持ちにならなくなりました。
それだけ安心も信頼もできる消費者金融に生まれ変わったのです。
そのため消費者金融会社のカードをつくってもクレジットカード会社となんら変わりはありません。
しかし消費者金融会社のカードは、キャッシング専用になっていますから、個人の収入も違いますが、金額も少し高めに設定をすることが可能です。
カードからお金だけを借りる事ができるのです。
それとは違いクレジットカードは信販会社、クレジット会社になります。
主にクレジットを重視したカードになっていて、おかいものをツケで支払うことの機能とお金を借りるキャッシング機能も加わった総合的なカードとなっています。
もっと機能を考えると、カード自体が旅行保険補償がついていたり、マイルがたまったり、年会費も無料になったりします。
しかし、クレジットを重視にしたカードになっていますから、キャッシングは少額金額になっています。
二つのカードの機能が全く違う事は、クレジットカードは様々な機能が付いたカードですから、クレジットカードがお財布に入っていても不思議に思う事はありません。
たとえそのカードでキャッシングをしていたとしてもその場でキャッシングをしていることをみてたり、カード明細表をみたりした以外には人にばれる事はありません。
しかし、消費者金融会社のカードはそのカードを見ただけで借金をしているということがわかってしまいます。
キャッシング専用のカードであって、他の機能はありませんから大手の消費者金融会社の名前がしっかりと刻まれていてばれてしまうのです。
そのため、クレジットカードのキャッシングの方が使用しやすく、家族にも友達にもばれる事はないでしょう。
しかし、クレジットカードは信頼が大切です。
クレジットカードは個人の信頼度をあらわすものです。
使いすぎ、借りすぎによって信用をなくすことはしないようにしましょう。
初めて消費者金融会社に借り入れの申し込みをしたときに、個人の収入や総量規制の範囲内から借入限度額が決まってきます。
その範囲内でしか借入を行うことができません。
会社と会社が取引をする場合にお互いの利益も考えて金額を決定しますよね。
一つの会社が金額を一方的に増やしたいと申し出たら、双方の信用が無くなります。
契約はそのためにあるのです。
しかし、この借入限度額は金額がアップしたりすることもあるのです。
それは、毎月の返済や利用履歴からこの個人は信用できると判断されたときに消費者金融会社から借入限度額のアップをすることが可能という連絡がはいることがあるのです。
会社同士の契約でもお互いに信頼関係が生まれたら、お互いのいい方法で金額を変えていくときもあることと同じです。
会社同士の取引はなにより信頼度が必要になっています。
それと同じで増額の申し入れを本人が受け入れるかどうかは別として、借入限度額の増額を消費者金融会社から連絡を受けたということは信頼をもつことができたという事になります。
消費者金融会社との契約は会社の取引と同じなのです。
消費者金融会社側からの増額アップの連絡以外には、自ら増額を申し入れる方法もあります。
カードにはお客様問い合わせの電話番号が記載されています。
そちらに連絡をして増額を申し入れてみるのです。
契約時点でしっかりと審査がされていますから増額は難しいかもしれません。
しかし利用頻度や毎月返済履歴での信頼で増額が受け入れられる可能性もあります。
しかし、2010年の総量規制の法律によって簡単にはそのような借入限度額の増額はうまくいきません。
もともと契約するときに総量規制の範囲内で契約していますから、それをあげることは難しいです。
そのためには、あまり利用していないカードを解約したり、限度額を下げたりして法律である総量規制の範囲の幅をあげることをし、一つでも解約をした会社があるのならこの個人は、返す能力があるとし「信頼をうける」ことに繋がります。
これが大切になってくるのです。何より一番は、総量規制の範囲を上げることをすることです。
個人の収入をあげることができれば、総量規制の範囲は広がり借入限度額も増やすことも可能です。
でも収入が増えていたのなら、返済金額に回し、借入限度額を増やしてまた借入金額を増やすことにならないようにしましょう。
借り入れ限度額のアップはあくまでも早めに借入金額を返すことのために利用していきたいものです。